■TOPIX採用時トレード17■

---目次---
  • 5月銘柄の結果
  • 二ヶ月遅れの昇格(ぴあ)
  • 京阪神不動産の今後を占う(1)
  • 京阪神不動産の今後を占う(2)
  • 引け値保証ガイドラインの影響(京阪神不動産)

  • (2003/4/30)
    5月銘柄の結果

    さて、5月1日に昇格する4銘柄の株価の推移を振り返って見ましょう。

    3月24日〜4月30日までの上昇率を一番上に書きました。
    宝印刷は、40.55%も上がりました。ぴあは、意外な昇格であるのにもかかわらず、10.8%しか上がっていません。

    昇格日の2日前に高値をつけた銘柄が多く、今日(TOPIX買いの日)は、全銘柄が値下がりでした。

    4月30日の出来高の隣に書いた%は、発行済み株数に対する割合(すなわち、TOPIX買い比率)です。

    4銘柄の平均値は、3.77%で、昔より確実に増加しています。

    5月昇格4銘柄の株価の推移
    銘柄名 ぴあ 佐鳥電機 宝印刷 ジャステック
    この間の上昇率 110.80% 127.43% 140.55% 111.93%
    日付 終値 出来高 終値 出来高 終値 出来高 終値 出来高
    2003年3月24日 2,500 33,600 711 14,400 619 25,000 1,425 19,900
    2003年3月25日 2,400 15,900 706 13,700 630 40,000 1,400 53,400
    2003年3月26日 2,360 2,400 728 12,200 625 6,500 1,400 61,200
    2003年3月27日 2,300 2,700 730 10,600 638 3,500 1,420 39,200
    2003年3月28日 2,320 4,200 711 18,200 625 54,500 1,390 27,900
    2003年3月31日 2,320 7,100 726 10,700 625 9,500 1,331 23,400
    2003年4月1日 2,300 4,300 740 5,000 630 13,000 1,390 120,700
    2003年4月2日 2,300 2,100 748 7,200 638 8,000 1,479 59,300
    2003年4月3日 2,300 2,400 780 51,700 656 37,000 1,495 60,400
    2003年4月4日 2,300 2,700 755 25,200 690 39,500 1,490 44,500
    2003年4月7日 2,345 1,200 823 78,300 765 93,000 1,540 95,500
    2003年4月8日 2,385 2,900 830 92,000 780 85,000 1,575 106,900
    2003年4月9日 2,320 2,100 819 108,500 776 48,500 1,530 42,500
    2003年4月10日 2,300 7,600 797 66,900 748 37,000 1,547 28,100
    2003年4月11日 2,260 3,000 777 27,300 726 29,500 1,547 19,900
    2003年4月14日 2,245 4,500 770 79,800 685 43,000 1,560 56,500
    2003年4月15日 2,100 8,800 772 10,400 689 34,500 1,559 31,500
    2003年4月16日 2,080 6,100 788 12,000 712 42,500 1,574 27,800
    2003年4月17日 2,035 3,200 790 34,500 690 45,000 1,570 74,700
    2003年4月18日 2,045 6,300 803 68,200 700 32,000 1,583 85,400
    2003年4月21日
    (発表直後)
    876 402,200 800 60,000 1,630 410,300
    2003年4月22日 2,660 336,900 872 116,700 777 210,500 1,590 80,700
    2003年4月23日 2,745 59,700 895 132,700 800 104,500 1,610 75,700
    2003年4月24日 2,650 74,300 889 173,600 793 54,000 1,623 98,500
    2003年4月25日 2,695 46,100 870 111,300 805 54,500 1,580 45,100
    2003年4月28日 2,950 148,500 944 225,100 889 173,500 1,628 122,900
    2003年4月30日
    (昇格日前日)
    2,770 283,400(3.51%) 906 485,000(3.78%) 870 416,500(3.99%) 1,595 308,000 (3.78%)
    日付 終値 出来高 終値 出来高 終値 出来高 終値 出来高
    銘柄名 ぴあ 佐鳥電機 宝印刷 ジャステック

    さて、一日チャートです。
    ガイドラインの影響でどうかわるか?

    ◆◆大引に値上がりしたのは2銘柄、大引に値下がりも2銘柄。◆◆
    ◆◆ 引けを待つのは、丁半博打で、あまりお勧めできません。◆◆

    大引上昇

    宝印刷

    ジャステック

    大引暴落

    ぴあ

    佐鳥電機

    おまけです。2日連続ストップ高で寄りついた日(4月22日)のぴあの一日チャートです。

    寄り付き空売り、後場2時15分ドデン買い越しが結果論では、正解でした。

    発表から2日目、ストップ高で寄りついた日のぴあのチャート

    もどる


    (2003/3/19)
    二ヶ月遅れの昇格(ぴあ)

    昨日、市場終了後に、5月昇格銘柄の発表がありました。

    5月昇格4銘柄の比較
    ぴあ 佐鳥電機 宝印刷 ジャステック
    発行済株式数@ 8,073,880 12,831,425 10,433,065 8,150,400
    3/24〜4/18の出来高累計A 123,100 746,800 726,500 1,078,700
    A/@ 1.52% 5.82% 6.96% 13.23%
    Aの期間の株価上昇率 -13.50% 10.15% 16.67% 12.43%

    佐鳥電機、宝印刷、ジャステックの三銘柄については、前評判が高く、先回り買いもかなり入っていました。 株価も1ヶ月前と比べると、2桁上昇です。

    意外性で話題を集めているのは、三月決算銘柄の「ぴあ」です。

    直近一ヶ月間の出来高の、発行済株数8,073,880に対する割合は1.52%と低く、先回り買いが全くありません。 この間の株価は、13.5%もの値下がりです。

    同社は、実は三月昇格の有力銘柄でした。
    発表直前2月20日の終値は、3,440円。

    桜散る・・ぴあ落選の報が伝わります。

    発表直後21日の寄り付きは、2940円(-14.5%)まで暴落します。
    阿鼻叫喚、この日の出来高は、49,800株に達します。

    昇格投資を外した時の恐ろしさが、よく分かります。
    昨日の終わり値は2045円。2ヶ月前の地獄の寄付と比べると、さらに30.4%も値下がりしています。

    コバンザメの投げが暴落原因の一つでしょう。
    ここまで持ちこたえたコバンザメは、感激されたでしょう。

    ◆◆週明けは、安値圏を脱出して、たぶんストップ高でしょうね。◆◆
    ◆◆ 3月と9月は、例年大量昇格します。◆◆
    ◆◆その2ヵ月後は、この種の銘柄をマークすべきですね。◆◆

    もどる


    (2003/3/18)
    京阪神不動産の今後を占う(1)

    昨日、市場終了後、京阪神不動産(大証1部)が3月24日に東証一部に上場することが発表されました。 公募・売り出し等は、実施されません。

    他市場からの上場の場合、TOPIX買いは、上場日(24日)になるのを間違えないようにしてください。

    今日は、ストップ高で、179,000株が比例配分され、2,465,000株の買いが残りました。 さて、参考までに、発表直後に、ストップ高した銘柄を調べてみました。

    いろいろなケースがありますね。二日目の寄り付きで買った場合、ジャパン建材、今仙電機製作所、ユニダックス、シムリーの順に良い思い出になりました。

    初日ストップ高した銘柄のその後
    名称 発表直前終値@ 発表初日の終値A 初日の値上がり
    A/@-1
    発表初日の
    出来高D
    D/C 二日目の出来高%二日目以降 発行済株数C 昇格前一年間の
    月間平均出来高÷C
    ジャパン建材 520 620 100 19.23% 17,100 0.07% 1.02% ストップ高で寄りつき、上昇トレンド 22,886,044 0.44%
    ユニダックス 445 525 80 17.98% --- 0% 2.06% 3円安で寄りつき、さえない動き 14,747,622 0.95%
    今仙電機製作所 360 441 81 22.50% 24100 0.16% 1.72% ストップ高で寄りつき、堅調な動き。 14,763,700 2.59%
    シムリー 699 799 100 14.31% 10200 0.09% 6.30% ストップ高で寄りつくが、後に暴落 11,520,000 1.39%
    京阪神不動産 276 356 80 28.99% 179,000 0.39% ? 45,898,798 0.86%

    京阪神不動産の過去一年の月間平均出来高は、発行済株数の0.86%で、まずまずの数字です。 少し気になるのは、2月21日の出来高が559,000もあるのに、株価がほとんど変化していないことです。不自然ですね。

    また、今日の値上がり率は、値幅制限の関係で、28.99%もありました。
    明日もストップ高なら、さらに22.47%も上がることになります。寄り付く可能性が高いでしょう。

    ◆◆明日は、買うべきか?◆◆
    ◆◆ 正直よく分かりませんが、二日目は、株価より出来高に注目したいと思います。◆◆

    もどる


    (2003/3/19)
    京阪神不動産の今後を占う(2)

    さて、まず京阪神不動産の発表後二日目のチャートをご覧下さい。

    京阪神不動産の発表後二日目

    3月19日朝9時11分、京阪神不動産は371円(+15)で、あっけなく寄りつきます。 このときの出来高は、クラフから読み取ると48万株(発行済株数45,898,798株の1.05%)ぐらいでしょうか。

    意外と安い株価に惚れた買いで9時36分、396円の最高値。
    しかし、その後はいつものように、なだらかな下降トレンドに。

    寄りつきから、ちょうど125分経過した12時46分、株価は最安値361円を記録します。
    寄りつきからの下落率は、2.7%です。

    この辺までの経過はユニダックスに似ているかなと思いましたが、その後の経過から判断すると明らかに違いますね。 後場の株価は、力強く上昇し、終値は382円で、陽線が引けました。

    ・・・むしろ、今仙電機に似てますね。・・・・

    今仙電機は、1月29日12時41分に521円、15万株の(発行済株数14,763,700株の1.02%)の出来高で寄りつきます。 寄りつきから、ちょうど109分経過した2時30分頃、株価は最安値490円を記録します。寄りつきからの下落率は5.95%でした。

    その後の株価は、1月31日、618円(大量出来高寄りつきの株価521円の18.6%UP)まで上昇しました。

    しかし、TOPIX買いの日は、ぱっとしませんでした。

    気になる違いは出来高です。

    京阪神不動産の今日の出来高は156万株で、発行済株数の3.4%に達します。 TOPIX買いの量を上回ってしまいました。普通に考えると、これは、かなり危険です。
    しかし、株価がN字を描きトレンドが2回変化したので、株主の入れ替わりが多いためかもしれません。

    一方、株価の起伏が少ない今仙電機の出来高は253,400株で、発行済み株数14,763,700株の1.72%に相当します。

    TOPIX買いの日までの日数が今仙の方が一日長いことを考慮して、翌日(1月30日)の出来高99,900 を加えると2.39%となり、少し接近します。

    ・・・・・・

    ◆◆全然自信はありませんが、◆◆
    ◆◆あえて予測すれば、明日は上昇と見ます。◆◆

    ◆◆出来高は、40万株程度かな?◆◆
    ◆◆ 私は、現在ノーポジ。外れても気楽なものです。◆◆
    ◆◆ 自己責任です。明日は、休みます。◆◆

    (追記)

    京阪神不動産の発表後三日目

    3月20日の京阪神不動産の終値は380円(-2)、出来高は924,000株でした。
    株価ほぼ横ばいは予測の範囲ですが、出来高が発行済株数の2.01%に達しました。
    この予想は外れ。24日は、供給過剰の危険が高いでしょう。

    もどる


    (2003/3/24)
    引け値保証ガイドラインの影響(京阪神不動産)

    さて、今日は、京阪神不動産のTOPIX買いの日です。これまでの株価の推移を振り返ってみましょう。

    京阪神不動産の株価の動き
    日付 始値 高値 安値 終値 出来高
    2003年3月17日 277 277 276 276 17,000
    2003年3月18日(発表直後) 356 356 356 356 179,000
    2003年3月19日 371 396 361 382 1,560,000
    2003年3月20日 375 387 372 380 924,000
    2003年3月24日(上場日=TOPIX買い) 大証1部 382 385 374 384 731,000
    東証1部 385 387 375 384 710,000

    さて、3月19日東証は、「引値保証取引等に係るガイドライン」を発表します。
    2時45分以降に株価を吊り上げる行為は、相場操縦とみなされるようになったようです。

    ガイドラインの影響で、大引の怒涛の上げは、
    これからは、まったく期待できなくなりそうです。


    今日の出来高は、東証710,000株、大証731,000株で、合計すると発行済み株数45,898,798株の3.14%に相当します。 東証の終値は384円で、VWAP382.2803円をわずかに超えました。

    大証(東証ではありませんよ)の一日チャートです。

    京阪神不動産のTOPIX買いの日(大証1部)

    東証終了後、大引に出来高が急増したのは、際立った特徴です。
    3時10分まで取引される大阪市場がなかったら、どうなるか?

    TOPIX買いは、翌日に持ち越される割合が高くなりそうな気がしますね。

    ◆◆「2月21日の出来高が559,000もあるのは不自然」と以前に書きましたが、◆◆
    ◆◆ある方の情報で、自社株買いと分かりました。◆◆

    もどる


    ホームへ