■その他のTOPIXトレード5■

---目次---
  • ベルシステム24とCSKの争い
  • ベルシステム24のTOPIX買い日

  • (2004/8/11)
    ベルシステム24とCSKの争い

    ドラマの連続、ベルシステム24を振り返ってみることにします。

    7月20日市場終了後、ベルシステム24は、日興コーディアルグループ傘下の投資会社、NPIホールディングスに520万株(割当価格20050円)の第三者割当増資を発表します。 払込日は、8月5日の予定でした。参考1

    驚いたのは、相談を受けなかった筆頭株主のCSK(39.17%の株を保有)です。CSKは、新株発行差止仮処分の申し立てを行います。参考2

    この二つの情報の発表直後、ベルシステム24は、暴落して20000円を割り込みます。

    7月30日、東京地裁は、CSKの新株発行仮処分を却下します。CSKは、即時抗告。法廷闘争は、泥沼化するようにも思えました。

    8月5日、CSKは、ベルシステム24と和解。 全持ち株(子会社クオカードの持ち株65000株などを含む)を、NPIホールディングスに552億円で売却します。推定単価は、27000円です。

    CSKは、3仮処分を取り下げて、NPIホールディングスは、第三者割当増資を払い込みます。
    株価は、暴騰。しかし、皮肉にもここが天井です。

    ベルシステム24の株価の動き
    日付 始値 高値 安値 終値 出来高@ @/(増資株数)
    2004年7月20日 (市場終了後)
    第三者割当増資発表・
    CSKが新株発行差止仮処分の申し立て
    21,800 21,800 21,120 21,200 14,290
    2004年7月21日 21,500 21,650 19,780 19,910 169,280 3.26%
    2004年7月22日 19,870 21,910 19,500 21,910 138,350 2.66%
    2004年7月23日 22,160 22,300 20,930 21,490 82,990 1.60%
    2004年7月26日 21,480 21,560 20,600 21,400 32,240 0.62%
    2004年7月27日 21,600 21,640 21,110 21,490 25,210 0.48%
    2004年7月28日 21,990 22,000 21,150 21,530 23,710 0.46%
    2004年7月29日 21,800 21,800 20,900 21,200 26,100 0.50%
    2004年7月30日 新株発行仮処分却下・
    CSK即時抗告
    21,400 21,400 20,690 20,810 24,370 0.47%
    2004年8月2日 22,310 22,800 21,700 22,490 63,080 1.21%
    2004年8月3日 22,500 23,600 22,490 23,600 66,980 1.29%
    2004年8月4日 23,640 24,480 23,200 24,480 66,820 1.29%
    2004年8月5日 CSK持ち株売却決定、
    3仮処分取り下げ。
    割当増資払込日
    24,180 26,700 22,970 24,990 165,160 3.18%
    2004年8月6日 24,900 25,200 24,200 24,900 77,760 1.50%
    2004年8月9日 24,300 25,110 24,270 24,900 46,470 0.89%
    2004年8月10日 24,600 24,950 24,300 24,780 42,380 0.82%
    2004年8月11日 24,480 24,540 23,880 24,020 77,540 1.49%
    合計 21.70%

    さて、明日12日は、払込から5日後のTOPIX買い日です。

    ◆◆520万株×3.5%として、182,000株の出来高が予想されます。◆◆
    ◆◆ 先回り買いは、結構多く、引けは波乱が起こるかもしれません。◆◆

    ◆◆占有率71%以上の新大株主NPIホールディングスの平均買値は、約22,000円です。◆◆

    もどる


    (2004/8/12)
    ベルシステム24のTOPIX買い日

    今日は、仕事が休みで久しぶりにデイトレしました。

    ベルシステム24の上値は意外と軽く、私の予測は完全に外れました。理由としては、次の事柄が浮かびました。

    1. 材料が多かったので、ホールダーのコバンザメ比率が通常より少ない。
    2. ジンベイザメの購入量が予測より多く、早い時間帯に実施された。

    各時間帯の出来高とVWAPを計算しました。暇だった、後場は15分〜30分間隔で記録しました。

    前場の出来高92350株を第三者割当増資の株数520万株で割ると1.776%とかなりのハイペースです。
    株価は放物線を描き、前場の引け値を無理に上げているような、印象をもちました。

    ベルシステム24の株価の動き(TOPIX買い日)
    株価と時刻値上がり期間累計
    計算期間 期間出来高 期間VWAP 出来高累計 出来高比率累計 累計VWAP
    24,690-11:00 120分 92350 24,231.4 92,350 1.776% 24231.3503
    24,750-13:00 60 30分 19,810 24,679.7 112,160 2.157% 24310.5305
    24,520-13:29 -130 30分 17220 24,705.9 129,380 2.488% 24363.1543
    24,730-14:00 210 30分 12510 24,664.1 141,890 2.729% 24389.6885
    24,960-14:30 230 30分 25850 24,853.8 167,740 3.226% 24461.209
    25,010-14:45 50 15分 23720 25,027.5 191,460 3.682% 24531.3648
    24,630-15:00 -380 15分 34450 24,931.0 225,910 4.344% 24592.3107

    後場になっても、勢いは衰えず、株価は25,090円まで上昇します。
    2時45分の累積出来高比率は、3.682%の高水準。

    ジンベイザメの買いっぷりは、コバンザメに不安を抱かせません。
    大引けは、かなり上がるのではと期待する人も多かったと思いますが・・・
    何故か不発・・・まったく買い上がりません。

    ◆◆一日のVWAP24,592.3107こそ超えましたが、終値は24,630円でした。◆◆
    ◆◆ もしかすると、引け値保証でないかも、しれません。◆◆

    ◆◆大引に怒涛の上げがあるか、それともないか?◆◆
    ◆◆まるで、ジンベイザメとポーカーゲームをしているようです◆◆


    ホームへ